つま先立ちで健康な体を作る

私はつま先立ちを頻繁にすることで、ちょっとした運動になっています。

もともと健康のために始めたわけではなく、背が低かった為に数センチのシークレットブーツ(女性で言うならヒールを履いた状態)を履いたことがきっかけです。つま先立ち状態を続けた結果、ふくらはぎが良い具合に鍛えられるようになりました。

ふくらはぎは第2の心臓とも言われており、血液の流れが良くなって代謝が上がった様で体調が良いと感じる日が増えました。ただ、きちんと指を使ってのつま先立ちだと問題がないのですが、足の指の根元(母指球・指尖球・小指球)の辺りを主に使ったつま先立ちだと、足の巻爪になる危険があります。

爪は湾曲する性質を持っています。手の巻爪が起こりにくいのは、指の腹の部分をよく使うからです。指の腹の部分に圧力が掛かり、湾曲しようとする爪を抑えて平らに近い形になるからです。

足の指を使わないことは、普通の靴でも歩き方によって起こりますし、特にヒールの中にはデザインで指が使いにくい物もあったかと思います。いろいろな健康法がありますが、メリットとデメリットを知って健康を保ちましょう。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ